医者

下肢静脈瘤の手術は名医に任せよう|経験豊富だから安心

人が持つ免疫機能を高める

頭を押さえるウーマン

免疫療法は以前からありましたが、がんの治療としては余り注目をされていませんでした。しかし最近の研究の成果によってがんを発病する一番の原因として人の持つ免疫力の低下が一番の理由と考えれており、この免疫機能を高める治療方法が注目され始めています。

もっと読む

ガンの手術を受ける前に

診察

樹状細胞療法は樹状細胞にあらかじめガンの目印を記憶させることで、効率よくガンを攻撃する療法です。ガン切除手術の際にがん組織を保存しておけば、自身のがん細胞をもとに樹状細胞ワクチンが作れます。最新のガン治療法ですので、疑問や不安がある方は説明会に参加されるといいでしょう。

もっと読む

慢性腎不全になったら

腰を押さえる女性

世田谷区には内科と人工透析科を併設している病院が10軒以上あります。これらの病院は患者や家族の負担を軽減するため様々なサービスを行っています。慢性腎不全になった場合回復が難しいので透析治療が行われます。病院は生活習慣などの相談もしてくれ患者の不安を軽減してくれます。

もっと読む

血糖コントロールの重要性

脚

野菜を先に食べる

糖尿病治療は基本的には食事療法と運動療法の2つをメインに行われます。そして、場合によってはこれらに薬の服用やインスリン注射が使用されます。まず食事療法は、血糖値の急激な上昇を防ぐという目的で実施されます。ベジタブル・ファーストなどという名称でダイエット法としても有名な「食事の際は野菜から先に食べる」というのがその方法の1つです。具体的には食事の際は野菜やきのこ類などの食物繊維が豊富なものから先に食べ、その後肉や魚を摂り、最後にご飯やパンなどの主食を食べます。この方法では、糖尿病の源でもあるブドウ糖=炭水化物の塊である主食を最後にもってくることで、食後の血糖値の上昇を穏やかにすることが出来ます。また患者さんの負担も比較的少ない治療法であり、ダイエット効果も高く糖尿病患者さん以外の方にも人気のある健康法です。

運動療法とインスリン注射

続いて運動療法ですが、血糖値の上昇がピークとなる食後30分〜1時間程度の頃合いに始めるのがベストです。ここで20分以上の有酸素運動を行うことにより効率的にブドウ糖を消費させることが可能です。そして、症状が酷い場合や何らかの理由により投薬治療が困難な方にはインスリン注射が必要になります。患者さん自身が注射を打たなければならないので、かつては大変負担のかかる方法でしたが、ペン型注射器の導入により痛みも軽減され、注射自体も簡単になりました。糖尿病はこれらの治療を上手に組み合わせることで、血糖値のコントロールをしていくことで改善へと繋がります。しかし、完治する病気ではないので、血糖値が正常の範囲内に収まるようになったとしても、継続的に治療を続けていく必要があります。

安心して手術できる

下肢静脈瘤の治療を受けるなら、名医に相談するといいでしょう。名医は友達や知人に効くという方法もいいですが、ウェブサイトの口コミを利用するといいでしょう。手術の際の情報と同時に病院までの行き方や診療時間、休診日なども知ることができるので便利です。ウェブサイトにはいろいろな病院が載っていて、下肢静脈瘤の手術を近所の病院で受けることができるでしょう。名医は何人もの患者を手術した経験があり、知識も豊富ですので、安心して手術を受けることができるでしょう。