ドクター

下肢静脈瘤の手術は名医に任せよう|経験豊富だから安心

ガンの手術を受ける前に

診察

がん組織を保存する

ガンと診断された場合、切除可能であればまずは手術によってがん組織を取り除きます。樹状細胞療法は、ガンの切除を否定するものではありません。むしろ切除手術や放射線療法と併用したり、ガンの再発や転移を予防するための療法です。ガン組織なしでも樹状細胞療法を始めることはもちろん可能ですが、手術前であれば是非ガン組織の保存を主治医に依頼することをおすすめします。樹状細胞は、ガンの目印をT細胞に教えて攻撃するように指示する役割があります。自らがん細胞を攻撃しませんが、攻撃の司令塔のような細胞です。樹状細胞療法はその性質を利用し、患者さんのガンの目印を記憶させた樹状細胞をワクチン化する療法です。がん組織があれば、より的確な目印を記憶させることができるのです。

疑問や不安解消に説明会

樹状細胞療法を検討してみたい患者さんや、そのご家族向けに樹状細胞療法の説明会なども開催されています。樹状細胞療法を受けるからと言って、ガンの切除手術する病院を変わるわけではありませんし、樹状細胞療法は入院の必要はありません。ワクチン接種の時に通院するだけです。最新の治療法ですので、疑問や不安に思われることも多いでしょうから、説明会に参加されるといいでしょう。主治医への相談の仕方などのアドバイスもあります。樹状細胞療法を受けるための費用ですが、自由診療になるため保険の適用はありません。そのため高額にはなりますが、医療費控除の対象にはなりますので還付を受けられる場合が多いでしょう。具体的な金額は、ワクチン接種を7回程度行う1クールで150万円前後と言ったところです。