ドクター

下肢静脈瘤の手術は名医に任せよう|経験豊富だから安心

人が持つ免疫機能を高める

頭を押さえるウーマン

再発進行を抑え癌を克服

がんを発症してしまった場合の治療方法は、がんの主要部を手術で取り除いた後、抗癌剤治療や放射線治療へと移行していきますが、事前と治る力や免疫機能を弱める事になっていまいます。そこで、この免疫療法は人間が本来持っている病原菌やウイルス等の異物を排除する免疫機能を高める事によって治療することを言います。これは近年免疫に関する研究が進み多くの研究機関で患者の免疫を使用しこの免疫機能を高めがん患者への治療を行ったところ、がん細胞が次第に小さくなり消滅したと発表されてきたので注目を集めています。この免疫療法はがん予防効果も含めがん細胞の増殖を抑えたり、がんの再発や転移を抑えることを目的とされている治療方法です。

副作用が少ない治療方法

従来のがん治療ではがん患者さんへの身体への負担は大きく副作用もあり治療期間も長くなってしまいがちでしたが、自分の細胞等を用いて治療を行う免疫療法は、副作用の心配が少なくなることは患者さんにとっては大変喜ばしいことであり、最近はこの免疫療法を選ばれる方が少しずつ増えてきています。がんは遺伝子の異常や様々な要因により発症してしまいます。このがん細胞は健康な身体の方でも毎日のように発生しており、このがん細胞は人間本来の免疫力によって排除されているからこそ、がんを発症しないようになっています。この免疫が弱る事によってがん細胞は次第に大きくなってしまうのです。人は生活習慣や食生活習慣も変化しがんになりやすい身体に自分から作り上げていますが、この免疫療法でがんの予防や治療を副作用の事を心配せずにおこなえるようになってきています。